FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵を見せ合う事について】考えかたのみ。

※次回はどういう話題を描こうか未定です、コメントや思いついた時に書く予定です。
 予定としては「アナログとデジタルについて」「絵を描く環境」について考えて見たいと思います。 

ブログ更新が久々になります、なるしゅです。「ネット上」「リアル友人や他人」の2パターンで
ネタがあるわけではないですが、絵を見せ合うことについての考えを書いていきます。
まず、一番の大前提として
、「絵を晒して自分にどう影響させたいのか」を前もって考えるべきです。
例えば「褒められたい」だけなのか「より多くの人に評価されたい」のか
「絵を向上させたいのか」
等。

【ネット上で見せる場合】
pixivであれば、大体褒められる事はあっても貶される事はありませんでした。
評価も受けることはできますが、個人的な意見ですが「絵の上達」としては機能してないと思います。
「モチベUPと意見で、絵の上達になるじゃないか」「資料も一杯ある」という方もいますが、
評価点と心の在り方次第で、絵の「上達」の利にも阻害にもなったからです。
投稿ではなく、資料として使う場合上達へのツールだとは思います。当たり前の事ですが、
一番「上達」した事が分かるのは、上手な人の考え方や絵や講座でもなく自分の絵だけです。
「上手く描けなかったから」「黒歴史だから」で消す癖がある人は残すべきと思います。
アナログで描いた一部は捨てちゃったりした事もありましたが、残しておけば、
どの辺が昔に比べて上達しているのか確認できたのにと今は後悔が残ります。

周囲の意見もなく、評価もされないという点でブログという媒体は、
「自分の過去絵」や「過去の自分の考え方」の保管場所としては、最適な場所だと思いました。
保管場所としては、評価を絶対的に気にしないのであればpixivがベストかもしれません。
 このブログは最初にも書きましたが、これから先の同人宣伝や、自分の過去の絵や考え方を
書き溜めておいて過去を振り返る、宣伝媒体やメモのようなのようなものとして書いています。

【友人や他人の場合】
自分が本当に「褒められたい」事前提で公開するのであればオススメしません。
自分も友人もそうだったのですが、粗探しばかりの意見になったりします。
たとえ絵が少し変な部分を感じても、リアルの場合指摘よりも、肯定を望んでいます
意見を言っても「そこはわかってる」「そこもわかってた」等
そして面と向かっている以上、少し微妙な空気になったりもします。
、「意見を言い合えて素晴らしい事じゃないの?」と思うかもしれませんが、
リアル友人な場合、関係を考えて面と向かってはあまり過激な発言はできないものです。
お互いが絵を描いてる者同士ならなおさらです。
そして、肯定に関しても具体的な上手さというのを褒めて貰える事はネットより少ないです。
大体「あぁ、うまいな」「(・∀・)イイネ!!」だけで終わってしまいます。

でもそれでいいのだと思いました、
リアルでの意見頂戴は「褒めて肯定してくれ」ということなのです。
「絵をどう?」と言われたら肯定のみ、「具体的にどの辺が変?」と言われたら意見しましょう。
経験上そうすべきだと学びました、指摘はいい関係を築くという錯覚は捨てました。

但し、指摘よりも重視すべきは直接絵を見せるというのは、pixivの比ではない程絵を描くモチベもUPします。
リアル友人なら意見をあとで、ぶっちゃけどこが悪いかネット上で聞くのも効果抜群です。
ネット上のなんとなくの意見より身近な人の意見というのは、ダイレクトに絵に影響しました。
そして、「他人」の場合それはもう言われたい放題です。
「胸の形が気に入らないただの○」「ハイライトは白いニキビか?」「超絶下手糞」
「どこを見ても全然可愛くない」「小学生以下か?」「キモすぎ」等。
これらの意見はリアルに言われた事の一部です。同じ方から、
「この部分塗れてなくてドット抜けしてるんだけど」「~してくれれば好みなのに」
という意見も受けましたが、こういう意見はとても大切でより気にすべきだと思っています。

ただ下手という内容のない意見は気にせず、具体的な内容があるものだけ
意見を取捨選択すべきだと思います。またそういう意見をくれる人は貴重です。
批判と意見のラインは紙一重ですね。

絵を描いてる人は大半感じる事だと思うですが、絵の批判や暴言というのは、
いわばまるで自身を否定されたようなもののように感じるはずです。
誰でも褒められたいものですが、自分へのアメと鞭と考えて
ただの罵声でもあえて批判を受ける事も必要な時があると思っています。
「批判されることで、上達する事が意味分からない」と絵かきの親友に言われた事があります。

批判をされると、反骨精神で絵のモチベUPに繋がるのだと説明しても納得しては貰えませんでした。
凹んでも「絶対見返してやる」ぐらいの気持ちを、常に持てるようにしたいですね。
個人的には 褒め9:批判1 ぐらいが一番いいかもしれません。
批判も受け入れるべきとは言いましたが、誰でも褒められたいものです。

褒められたいのであれば、pixiv。
意見がほしいのであれば、リアル友人やネット上。
上達を目指すのであれば、自分の絵。

なんとなくでツイッターに、なんとなくでpixivにと投稿する前に、
完成絵を投稿して、自分が一体どうされたいのかをよく考えれば、
おのずと用途に合わせて自分が投稿すべき場所や、目指すものが見えてくると思いました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

【アナログ】【シャーペンのおススメって?】写真と4コマを添えて。

どうも、なるしゅです。見ていただいてありがとうございます。
アナログとデジタル派っていますよね、自分はどちらも派なのですが。
今回は【アナログペンのおススメ】今まで買ってきたペンの中からランキングしたいと思います。

IMG_0458_R.jpg
【上から「GraphGear500:0.9 0.7 0.5」「クルトガ:0.5 」
「\98シャーペン:0.5」「GraphGear1000:0.7」「シャーペン鉛筆:鉛筆芯」】です

500とか1000というのは文字通り値段を表してます。
栄えある使いやすいお勧めのシャーペン皆様はどれだと思うでしょう? 第一位まいります…
IMG_0465_R.jpg

第一位はなんと、ファミリーマートの¥98シャープペンでした!
第二位はグラフギア1000、第三位はクルトガです。

ブログを読んで損した、解散!?ちょっとまってください。理由があるんです
(※このランキングは前提として筆圧が強い方向きとなります。
筆圧が弱い方はこの限りではないということです。)
 ペンの持ち方を見て下さい。グリップを握っていません
絵をアナログで描く際、筆圧が強いため意識していなくても線画クラスの圧力で、
絵を描いてる事が多々ありました。そしてそれはラフの段階でです。
ラフの段階で本番の濃さになった場合、絵はラフがない状態です。
設計図もなしに本番を描いているわけです、天才でしょうか。

 グリップより持つところを遠ざける事で、筆圧がかからないようにしています。
これで一気にラフが描きやすくなります。「鉛筆デッサン基本じゃん」という意見は正論ですが、
独学上ご勘弁ください。第2位はグラフギア1000ですが、1000は重心が均等、クルトガも均等、
500はグリップ部分にあります。グリップ上に重心がある場合、ペン先が重くなり、
グリップ以外を持つと非常に描きずらかったです。

 一~三位共に重心は均等で、中でも¥98のペンが軽くて描きやすかったのです。
鉛筆は確かに描きやすいのですが、すぐ尖った芯がへたってしまう事、
筆圧調整してもやや線が太めで濃くなる事から、ランキングには入りませんでした。

つまり、筆圧が強い人は、重心が均等でさらに軽めのペン
    筆圧が弱い人は重心がペン先にあるほうが描きやすい
と思います。

 自分の筆圧はどっち派なのか考えて、値段にとらわれず選ぶ事をおすすめします。
常に筆圧調整を意識しながら描ける方は、そもそもどのペンを使っても大丈夫です。
 何故、この記事を書いたのか。総額3000円ぐらい使って結局98円だった。
ペンに拘りすぎて、なるしゅのように失敗をなさらぬよう参考にして下さい…とほほ。

後、消しゴムで皆さん大好き「Mono」を使っていると思いますが、
この「ダイソー」で売っている細長い「激落ちママ」が非常におススメです。
monoはどんどん千切れますが、手荒に扱っても千切れにくく、
ピンポイントで消しやすいのでGood!手放せません。

 最後になんとなく思い浮かんだ、謎4コマを載せてお別れです。
決して次回に関係があったりはしません。

次回「絵を見せ合う事について」をお送りします。

【ねぇ、聞いてる?】
4コマ_R
(※実際の友人は女性ではなく、男性です。)(※また友人前で勃起は不可能です)
(※疑問ですがメロンブックスでは皆、真剣に勃起してるんでしょうか…いえ何でもありません)

【ピクシブ投稿問題】【R18】過去絵を添えて

R18を避ける方のために、次回の記事を初めに予告しておきます。
次回の記事は「絵(R18)を友人と見せ合う?」「過去絵は必要?」「道具は何がいい?」
「イメージして描くって簡単にいうけど…」のいずれかになると思います

<注意!R18での絵が多く登場します、嫌悪感を抱かれる方お戻りください

 どうも、なるしゅです。15万人中27、000位!?目を疑いました、ありがとうございます。
絵に対する姿勢やこうしていこう等、考え方や持論、同人等を不定期で展開予定です。
今後とも、まったりとよろしくお願いします。

「なんか絵に対する偉そうな事書いてて、気に食わない」
「どんな絵を描いてきたの?どんなレベル?」とブログを見て下さる方は疑問だと思います。
絵も上げずに、色々書いてもどうだろうと自分でも思います。

 ですので、ブログに絵をあげる事で、読んで頂いてる方に「うわ、このレベルでこの考えなんだ」と思って、
今後読んで頂けると思い、過去絵とピクシブをテーマにしました。

【ピクシブ投稿問題】と【なるしゅ】

これは、絵を描かれて、投稿してる方には共感して頂けるのではないかと思ってる話題です。

 アナログで描き始めたのは2013年の6月頃、
自分がはじめてピクシブに絵を描いて投稿したのは、2014年頃になります。
まともに絵も描けないのに、1枚目からアダルトな絵でした!
自分の絵の欠点や下手さというのは、どれだけ下手でも目だけは肥えてるので、
改めてみると、下手だと自分でも分かるものです。

 投稿1枚目「閲覧数」はどんどん増え1000を超えました、誰がどうみても下手なのに誰にも貶されない。
さらに点数は貰える、下手でもムチはなく飴を貰い放題。もう大興奮で舞い上がりました。
2枚目は、エロではなく普通の絵を投稿します、すると閲覧は300…一度1000を超える閲覧を
経験してしまっています。到底閲覧数に納得できるわけがありません。そんな状況の中、
リアル友人の絵が上手い人が、ピクシブ投稿1枚目にして、閲覧数20000を超えました!
自尊心だけはトップランカー。

フォォ!ジーザス!なんて羨ましい才能と溢れる画力なんだ!
  嫉妬に身を引き裂かれる、上手いアイツが憎い!恨めしい!

(下手なのを自覚していて、絵もまともに描けず、レベル差があるにも関わらずです)

 例えるなら、ドラえもんの登場人物。「できすぎ君」と「のび太君」のような感覚だったと思います。
リアル昔からの友人だと、嫉妬心の芽生えは他人とは比べ物になりません。
「持たざるもの程、持つものを羨む」その感覚に拍車をかけます。

「閲覧数は2万超えた」「フォロー何人超えた」「点数~超えた」「続編リクエスト来て困る」
「有名な人からフォローされた」「線がが安定してきてスイスイ描ける!」


 なるしゅのちっぽけな見栄とプライドは粉々に、それはもう、粉々に砕けました。
そして絵は上げるのですが、エロから外れ。ついには投げ出し
パチスロ、マイクラ、PSO2、TERA、ドラゴンネスト、STEAM、等。
絵から逃げたのです。長期間描かなくなったと思います。
(絵を見せ付けられて、格の差を比較したくなくても嫌でも思い知るんだ)
(それなら比較する事がないように絵なんて描かなければいい!)
友人が家に来て絵を描いたりしていても、自分は遊びに没頭が続きました。

 しかしその内、その友人との話し合い等の中で自分の絵に対する姿勢と、
他人に対する嫉妬の愚かさに気がつきます、そこで、
絵に関して大前提としてある事を一番念頭におくようにしました。

他人の絵と比較しない、比較は自分の過去の絵のみ
という方針にしたのです。

 どれだけ上手な絵を見たり、下手な絵を見たりしても、自分の絵と比較して
馬鹿にしたり凹んだりしないようにしました。どれだけ頑張っても、
無意識レベルで比較してしまうのでこれが意外と難しい。

 そのうち上手な絵を見たら、嫉妬ではなく
「どうやって描いてるんだろう」と考察するようになりました。
 下手な絵を見たら、下手だけではなく
「ここは上手い部分だから、参考にしよう」とするようになりました。
そのあたりから、少しですが絵にも変化があったような気がします。

 しかし、また問題が出てきます。
どの絵も実は、ラフ~完成まで6~10時間もしくはそれ以上、
1枚にかかっていたのですが、ピクシブに絵を上げる事そのものが
閲覧者、フォロワーさんや自分にとっても、
望ましい影響があると考えるようになったのです。(勿論思いあがりです)
それをピクシブの過去絵で、証明する投稿があります。
絵が下手にも関わらず、「線画のコツ」等と投稿したりしたのです。
自分が人に教えるレベルにないのにも関わらずです。

 やがて「評価点」や「閲覧数」というのは、承認欲求、自己顕示。
自分の自尊心を満たすツールとして機能しはじめます。するとどうでしょう、
絵を投稿しない→評価や点数フォロワーの下落→承認欲求の喪失。
 まるで、点や閲覧数を得られない事が悪い事のように感じ、
自分の自尊心や承認欲求・自己顕示を満たせない
「無理にでも絵を投稿しないと」と脅迫観念にも似た悪循環に陥ります。
ただ楽しいから&上手くなりたいから描いていたはずのお絵描きが、
評価と目に見える点数によって、それだけを追い求めるようになりました。

 何気ない事でも、義務意識になると途端に続かないという現象ないでしょうか。
例:「ダイエットだ!ご飯抜くぞ」「明日はノルマやるぞ!」等

 ここで自分はその状況に陥ったのです。
絵を描こうとしても、何故か描く気が起きない。
やっとの落書きで長時間かかって1枚描いて、上げても評価されず。日は経ち、
「ピクシブ投稿のためにを続けていたら、同人や原稿作業なんて夢のまた夢だ」
と思うようになります。ここでまた、思いあがっていた考えを見直す事にしました。

フォロー閲覧も描き手も、見たいとき見るし描きたい時に描く

ただそれだけなんだと。当たり前の事すら、思いあがり天狗の前には見えていません。
 これを意識するだけで、自分勝手な思いあがりと自己欲求を抑える事に成功しました。
その結果、自分は描いてもピクシブには絵を上げなくなり、友人も上げなくなりました。
絵は評価されたいものですが、ピクシブの評価にばかり時間を取られないようにしたのです。

 ピクシブだけではありません「MMORPG」「PS等のゲーム機」を売り払い「まとめ情報サイト」等
も断ち切りネット自体は依存ですから「ブラックリスト」というツールを使い、
徹底的できる限り「娯楽と絵以外の時間を取られる事」を排除していきました。

 結論からいうと、現状、ある程度は絵以外の時間を取られる事は断ち切れています。
ですが、根本的に人間は娯楽中毒からは抜け出せないのだと実感しています。
一つのものをやめても、また別の娯楽を、やめてもまた別のものを求めずにはいられませんでした。
アニメやニコニコ動画やユーチューブ等は断ち切れていません。

今現在プレイしてるゲーム等はありませんが、
少し前に一度ドラゴンズドグマオンラインというのにはまり
レベルカンスト手前までプレイしてしまいました。その時絵描き友人に
「今やめる事で得られるメリット」と「コンコルド効果」を丁寧に説明し指摘されます。
カンスト手前のIDを2時間程唸り、震え悩みながら削除したのは最近の事です。
結果は消して大正解です、絵描きの友人には感謝してもしきれません。

リアルな知り合いで、描き仲間を作れそうなら上手い下手関係なく、
相談や見せ合える友人を作れると、いいかもしれません。

 ここでついに過去の絵を載せていく事にします。
まず、今から2年ほど前の描きはじめアナログ~現在までのデジタルになります。
絵暦自体は3年目ぐらいになりますが、描いてない時期が多々ありました。
そう嫉妬に駆られやめた時期や、遊びほうけた時期があったからです。
ただラフだけ&適当そうに見えるものでも 構想含め平均3時間以上掛かっています。
描いたのはこれだけではないですが、大体こんな絵が続いています。
(上から順に古く、一番下が新しく、最近ピクシブチャットで描いたものになります。)

次回の記事は最初にも描きましたが「絵を見せ合うって必要?」
「過去絵は必要?」「道具は何がいい?」
「イメージして描くって簡単にいうけど…」のいずれかです。

1・2枚目、友人曰く、絵を描くにも精確な出力が必要だという事で線を引く練習です。
3枚目、陰影や人のデッサンです。陰影の調節が1段階だけで全くできていません。
4枚目、○で出力を鍛えながら表情練習です、これだけ描いたら力尽きていました。
5・6枚目、全身を描きはじめますこの頃、何かを参考は要らないプライドが許しません
7枚目、デジタルで初作業です、完成までで8時間以上でしょうか。全力です。 
8枚目、線画の重要性に気がつきます、と同時にしょぼさに悩み色塗りを諦めます。
9枚目、ポーズと可愛い目が大事なんだと思い始めます。相変わらず裸です。
10枚目、まどマギにはまり、自分の描きたい絵はエロじゃない。と思うように。
11枚目、ロボ娘的なものを描こうとして、ポーズもあれな事になっています。
12枚目、線画と塗りの色の難しさに阿鼻叫喚します。10時間ぐらい。
13枚目、日は経ち、アナログ絵から着色に挑戦しています。数ヶ月前。
14枚目、はじめて厚塗りに挑戦しています、最近
15枚目、1週間ぐらい前ピクシブチャットでお絵描きしたものです。

分かっていることですが、量も質もなにもかも足りていないので精進します。
長いブログを見ていただいて読んでくださった方々、ありがとうございました。

IMG_0438_R.jpgIMG_0440_R.jpgIMG_0450_R.jpgIMG_0445_R.jpgIMG_0448_R.jpgIMG_0447_R.jpg1作目_R線画_R6作目_R9作目_R線画_R新規キャンバス_R150822_elf_練習_R厚塗り後_Rピクチャ

【お絵描き本どれがいいの?】【写真付き】

お絵描きはじめたけど、どの本買えばいいの?って方多いと思います。
自分のように失敗する方を少しでも減らすべく、記事にしました。
自分もとにかく「本は色々読んで実践していけば上手くなるはず」持論で買い漁りました。

IMG_0436_R.jpg

結論から言うと、ただ上手くなりたいだけという動機では要りません
これ以外にも売却している本が何冊もあるので、総額4万は超えています。
板タブなら買ってもお釣りがきます。何故これらの素晴らしい本が要らないのか、
経験上「買って読んで満足するだけ」「自分の描きたい絵の方向が見えていない」からです。

さらにいうなら、大体絵の教則本というのも多少なりとも、ビジネスであるといえます。
「絵を描けない」人達の悩みを解決するという名目で売り上げるビジネスです。
太っている人向けに「ダイエット本」が売れている理由と似ていると思いませんか。

でも、それじゃあお絵描きできないんだ!モチベ上げたいんだ等、どうしても欲しいというお方。

IMG_0435_R.jpg

以上4冊がおすすめですが、一番右のはこの中で選ぶならという感じです。
ですので、左3冊+自分の好きな絵の漫画やイラストがいいと思います。
但し、買ったからといって最初は役に立ちませんでした。
必ず役に立つのは好きな漫画だと感じています。

まず、本を買う前に一度、自分の上手くなりたい→上手くなって
どんなジャンルを描きたいかを考えるといいかも。
人によっては「アートな絵がいい」「写実的」「アクションバトル」「1枚イラスト」等
自分が描きたいジャンルを考えて見ましょう。
ただ「絵が上手くなりたい」と思う人はどこが上手くなりたいのかが抜けています、
自分がそうでした。

自分の場合は最初の動機は「ただ上手くなりたい、絵が描けるようになりたい」だけでした。
その結果が、単なるコレクターになっただけです。
でも今は明確な描きたいジャンルがあります、萌え絵を駆使した同人やアダルトです。
ここで考えてみます、この中にえっちぃ絵が描けるようになる本はあるでしょうか。
「デッサン」で鉛筆の使い方を覚えましょうか、陰影の効果を覚えましょうか、
いやいやデザインの配色なんかも重要ですか、いいえ、
自分のケースでは成人コミックが教科書なんです。
確かにこれらの本描けば、立ち絵ぐらいは描けるようになると思います。

さらにいえば、これらの内容は情報量がたくさん描かれているようで
ネット上にも似たような情報は多くあります。
意味が全くないとは言えません、ですが豆知識が少々増えるだけでした。

意味があるとすれば、先ほどあげた、手やシワ人体のツボが乗ってるルーミスぐらいでしょう。
ですが、これらも見たからといって上手くなるわけではなく、
自分が描いてて、この辺のシワが分からないなぁとか手が分からない等
といった場合にのみ役立っている気がします。

まずは描かずに買うのではなく、描いてみて
「この部分は自分に使えるかも」という本がある場合だけ買う事をおすすめします。
以上、お絵描き本を買い漁った人意見でした。

個人的にSAIのブラシ本、読み物として「人気絵師の上手くなった理由」もよかったです。
最初の持論は「本を色々読んで実践」だったわけですが、そもそも実践だけでよかったといえます。

次回以降、絵で思ったこと、過去絵、絵仲間お話、プライド問題等ブログ形式で書く予定です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。